▶▶NEWS

5.22 感染拡大予防ガイドライン

一般社団法人ナイトクラブエンターテイメント協会
西日本クラブ協会

1.はじめに
本ガイドラインは、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(令和2年3月28日(令和2年5月4日変更)新型コロナウイルス感染症対策本部決定。以下「対処方針」という。)を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(令和2年5月4日。以下「提言」という。)において示されたガイドライン作成の求めに応じ、一般社団法人ナイトクラブエンターテイメント協会及び西日本クラブ協会として、特定遊興飲食店における新型コロナウイルス感染拡大予防対策として留意すべき事項を整理し、今後の取組の参考に供するために作成するものです。
本ガイドラインでは、提言4.(2)「業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点」、別添「『新しい生活様式』の実践例」における留意点及び「事務連絡」を参考に、場面ごとに具体的な感染拡大予防措置を示しています。
なお、本ガイドラインの内容は、今後の対処方針の変更のほか、新型コロナウイルスの感染の動向や専門家の知見、特定遊興飲食店の利用者、DJ等の演者、イベントプロモーター等の意見等を踏まえ、必要に応じて適宜かつタイムリーに改訂を行うものといたします。

2.感染防止のための基本的な考え方
特定遊興飲食店の事業者は、店舗の規模や遊興の様態を十分に踏まえ、店舗の管理・運営に従事する者、店舗に来場する者、出演者及びイベントの開催に携わるスタッフへの新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、必要な対策を講じる必要があります。

3.店舗事業者が講じるべき具体的な対策
(1)リスク評価
店舗管理者は、新型コロナウイルスの主な感染経路である接触感染及び飛沫感染等について、従業員、来場者、出演者及びイベント関係者の動線や接触等を考慮したリスク評価を行うことが求められます。
また、実際の営業においては、各店舗の営業面積や設備構造に応じて、各都道府県において求められる対応を準拠するよう努めることが必要となります。
店舗の利用にあたっては、各店舗事業者がそれらのリスク評価に基づき、利用を回避すべきとの合理的判断に至った場合は、できるだけ速やかに店舗入場者数の制限等を検討する必要があります。

①接触感染のリスク評価
他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所を特定し、これらへの接触の頻度を評価します。高頻度接触部位(テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、キーボード、タブレット、タッチパネル、レジ、蛇口、手すり、エレベーターのボタン、券売機 等)には特に注意を要します。

②飛沫感染のリスク評価
店舗における換気の状況を考慮しつつ、人と人との距離や位置、方向、店舗内で大声での対話等が頻発する場所等の状況を評価します。

③集客施設としてのリスク評価
イベント開催にあたっては、大規模な人数の移動が見込まれるか、県域を越えた移動が見込まれるか、店舗内での入退場が長時間滞留せず、店舗内での人と人との距離が一定程度確保できるかどうか等について、これまでの店舗の来場実績等に鑑み、評価します。

④地域における各所におけるリスク評価
地域の生活圏において、地域での感染者の確認状況を踏まえた店舗管理への影響について評価します。

(2)店舗施設内の各所における対策
施設管理者は、上記リスク評価を踏まえ、当該施設の管理について以下の措置を講ずるとともに、公演主催者への要請や来場者への周知を図ってください。

【重点清掃場所】

営業時間中であっても以下の不特定多数が触れる部分に関しては適宜アルコール消毒を実施する。必要に応じて消毒液を設置する。
・エレベータボタン
・ドアノブ
・販売カウンター天板
・テーブル
・椅子(座面、背もたれ、背もたれ天部)
・メニュー表
・コインロッカー(特にドアノブ)
・自動販売機ボタン
・手摺
・手洗い蛇口

【トイレ】

・トイレの蓋を閉めて汚物を流すよう表示する。
・ハンドドライヤーの使用は中止する。
・共用タオルを使用しない。(従業員用トイレを含む)
・トイレ内ゴミ入れが満杯にならない様に注意する。

【入場時】

・入場時の検温を徹底する。
・入場時に手指消毒を徹底する。
・検温、手指消毒、年齢確認を行うスタッフは手袋、マスク、フェイスシールド等を着用する。
・年齢確認の際は客の身分証を従業員が手で触れない。
・入場待ちの列は間隔を確保する。なお、間隔確保の目安となる表示を実施する。
・必要に応じて入場者数を制限する。
・入場者の氏名、連絡先の提供を可能な範囲で控える。

【食器等の保管に関して】

・食器類はカウンター上部等の客の飛沫がかかる恐れがある部分に陳列しない。

【飲食物の提供に関して】

・食品類をカウンター等に陳列する場合は収納ケースや包装を行う事。
・回し飲みや箸、フォーク、スプーン等の共用禁止表示を行う。
・団体に対して大皿での料理提供は行わず、取分けた状態で提供する。

【客席】

・利用客の入替り時にはテーブル及び椅子をアルコール消毒実施。
・テーブル上に設置するメニュー表は客が着席する時に消毒済みの物を設置し、客が離れた際には片付ける。
・ペーパーナプキンは常設せず、求めに応じて提供する。

【ダンスホール】

・ホール内の密集度が高くなりすぎない様に、状況に応じて入場制限を実施する。

【喫煙所】

・喫煙所は広さに応じて人数制限を実施する。

【ロッカールーム】

・ロッカールームに同時に入れる人数を制限する。

【清掃に関して】

・清掃(営業中の消毒を含む)を行う従業員はマスクや手袋等の着用を行い、清掃作業後は徹底した手洗いを実施する。特にゴミの処分を行う際は注意が必要。

【営業時間外に関して】

・営業時間外(音響未使用時)には防犯上可能な限りの換気を行う。

【従業員の体調等に関して】

・出勤時の検温及び体調確認を徹底する。
・可能な限りマスクや手袋等の着用を実施し、手袋等を外した際は手洗いを徹底する。

【事務所、従業員休憩所等に関して】

・事務用品(ペン等)は各自専用の物を使用し、使い回しを行わない。
・休憩所は人数制限を実施し、交代で使用する。
・換気をする。

お客様に対しての要請事項

・入口でお並びの際は2m感覚を空けてお並びくださいませ
・過去14日以内に発熱等の症状があった方は入店をご遠慮ください
・過去14日以内に渡航歴の症状があった方は入店をご遠慮ください
・マスク着用でのご入場とさせていただきます
(マスク着用でない方は入口にてお買い求めください)
・手洗いや消毒の実施をお願いいたします

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。